/

この記事は会員限定です

国際会計基準の採用企業増加 時価総額で3分の1 海外M&Aの増加反映

[有料会員限定]

会計ルールを日本基準などから国際会計基準(IFRS)に変更する企業が増えている。今後の変更予定を含め6月末時点で204社と1年前より2割増えた。東京証券取引所の上場企業の6%で、大企業の採用が多いため株式の時価総額ではほぼ3分の1を占める。M&A(合併・買収)後の会計処理に利点があるとして、M&Aで世界市場を開拓する企業がIFRSに移行している。

2018年度はNTTグループや三菱重工業京セラ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り621文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン