/

この記事は会員限定です

農家の知恵、データで伝承 農水省が取引指針作り

[有料会員限定]

農林水産省は土作りのコツや肥料のまき方、苗の育て方など農家が持つノウハウを権利として守り、データとして流通する取引ルールを作る。ノウハウは農家の知的財産だが、データにして活用する農家はまだ少ない。IT(情報技術)や人工知能(AI)を使う農業の生産性向上に向け、データ化したノウハウの流通環境を整える。

収量や品質を高めるための土作りや肥料のまき方などは、他にない独自の手法なら知的財産としての価値を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り613文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません