2018年9月21日(金)

「ウナギがない」築地困惑 土用の丑の日目前に
ウナギのイロハ(上)

サービス・食品
2018/7/17 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 20日の土用の丑(うし)の日を前に、ウナギが異例の事態となっている。東京・築地市場では「売りたいのにモノがない」(卸)状況。極度の品薄のため、卸値は前年同時期に比べ4割高く、過去最高値圏となっている。日本人は5千年以上前からウナギを食べ、かば焼きは今や世界の人に愛される和食の一つだが、異変に困惑が広がっている。

 「ここまで入荷がないのは初めてだ」。築地の卸大手はため息をつく。昨年7月には10トン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報