2018年9月21日(金)

「好きなことを頑張った」は面接官に刺さらない (面接道場)

就活
コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2018/7/18 6:30
保存
共有
印刷
その他

 就活生の皆さん、こんにちは。人材研究所の曽和利光です。今回のテーマは「ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)」です。2019年卒の就活は終盤ですが、いまだに内定がない人もいます。また公務員志望や留学帰国者はこれからが本番です。早くも活動中の20年卒も含め、皆さんに基本中の基本のガクチカをしっかり考え抜いてもらいたいです。

ガクチカは就活の面接では避けて通れない「基本中の基本」だ

ガクチカは就活の面接では避けて通れない「基本中の基本」だ

今回の参加者
及川優香さん
(慶応義塾大学経済学部4年)
岡夏輝さん
(早稲田大学文化構想学部3年)
小川康平さん
(筑波大学大学院1年)
※希望があれば仮名にしています。

曽和さん:及川さんは公務員志望ということですが、学生時代に力を入れたことは何ですか。

及川さん:海外からの留学生を支援する団体でリーダーを務めたことです。毎年、留学生歓迎会をやっているのですが、リーダーをやるにあたり問題点が2つありました。1つ目は集客力がなくて収益が上がらず赤字になっていたこと。2つ目は、内容が面白くなくマンネリ化していたことです。その2つをどうにかできないか、解決策を考えました。

模擬面接に参加しませんか

曽和さんの指導や、悩み相談を受けたい就活生の方は、こちらのフォームから氏名・メールアドレスなどの連絡先をお知らせください。リンク先に飛ばない場合はこちらのURLをコピーしてお使いください。
https://esf.nikkei.co.jp/sowa_mensetsu//

曽和さん:どうやって集客したのですか。

及川さん:あまり宣伝をしていなかったので、大学生がよく使うSNS(交流サイト)で告知を拡散させました。さらに早慶戦の応援団体に依頼し、イベントのパフォーマンスで歓迎会のPRをしてもらいました。

曽和さん:ありがとうございます。及川さんはこのエピソードによって、何を伝えたかったのでしょうか。

及川さん:自分には「調整力」があるということを伝えたかったです。企画をやり切るにあたって、いろいろな人と交渉もしたので。

曽和さん:厳しいようですが、今のエピソードでは調整力を表現したことになりません。調整する上で乗り越えた苦労など大変だったエピソードはありませんか。例えば応援団の団長に頼んだとき「留学生のイベントなんてチャラチャラしたものやらん」と跳ね返され、へこたれず説得し続けたというような話があれば「調整力あるな」と思うのですが。

及川さん:んー、苦労はなく、結構すんなりいきました。

■ビジネスは長距離走

曽和さん:だったらそもそもエピソードの選び方に問題があったのかもしれません。大変じゃないことをあたかも大変だったかのように言ってしまうと「この人の大変度合いはこの程度か」とがっかりされてしまう可能性があります。

 それからもう一つ。歓迎会という短期間のお話でしたが、もう少し日常的にやってきた話を言ったほうがいいでしょう。ビジネスは「長距離走」と言われます。長期にわたって継続して習慣化された行動のほうが、入社後の再現性は高いと見られます。イベントのような短期間の出来事なら、たまたまうまくいくかもしれませんからね。皆さんは20年以上生きてきたわけですから何かあるのではないでしょうか。

及川さん:PR会社で事務のアルバイトをしています。そこでは煩雑な作業が多かったので、自分でプログラミングを学んで作業を見直し、効率化させました。

曽和さん:アルバイトはどのくらい続けているのですか。

及川さん:2年間です。入って半年くらいたったときに「無駄なことが多く、どうにかできないかな」と思って、プログラミングを1~2カ月勉強しました。

曽和さん:いいですね。先ほどの話よりも仕事に近いので、面接官も入社後の及川さんの姿が想像しやすいです。では続いて岡さんはどうですか。

岡さん:がんばったのは塾のアルバイトです。大学受験する高校生向けの3泊4日の夏季合宿で、先生として英語授業クラスのリーダーを任されました。有意義な授業にするにはどうしたらいいか、生徒にとっては何が一番大事かを考え、英語を使って論理的思考力を養う授業をしようと準備を始めました。

 前例がないタイプの授業でした。テキスト作りから授業構成、テストに至るまで、苦労しながら仲間と協力してゼロから作り上げました。結果は大成功で、生徒へのアンケートによる5段階の満足度は前年の3.8から4.3に上がりました。

曽和さん:ありがとうございます。岡さんの話には決定的に欠けている部分がありました。それは、その過程に「どのような思考があったのか」ということです。なぜそのような授業が必要だと考えたのか、授業を開くまでにどんな苦労があり、どのように改善していったのか。そうした思考の過程を具体的に触れなければなりません。

  • 1
  • 2
  • 次へ

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報