2019年7月22日(月)

鈴与商事、アクリル酸用消臭剤を販売 他社から特許取得

2018/7/13 22:00
保存
共有
印刷
その他

鈴与商事は、接着剤や塗料の原料であるアクリル酸エチル向けの消臭剤「TET-01」の販売を始めた。産業機械メンテナンスを手がけるサシュウ産業(愛知県刈谷市)が持つ特許を取得。原料を輸送する際にコンテナ内に残った臭いを除去する効果をアピールして、物流業者などの需要を開拓する。

アクリル酸エチルは強い刺激臭を持ち、消防法にも危険物に指定されている。多くが輸入品で、輸送するコンテナ内にも強い臭いが残る。

サシュウ産業は自社特許技術でTET-01を製造販売していたが、機械事業に特化するために鈴与商事に特許を譲渡した。鈴与商事は協力会社に製造を委託し、販売を手がける。特許取得にかかる費用は非公表。

価格は20リットル入り容器で、2万5千円。容器1つ分で、国際規格の危険品液体貨物を輸送する「ISOタンクコンテナ」2基程度の消臭ができるという。

鈴与商事は現在の顧客を引き継ぎながら、タンクの洗浄業者、化学薬品メーカー、物流業者などへの販路拡大を図る。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。