2018年9月20日(木)

米中貿易摩擦、なぜドル高・円安進む?
「輸入インフレで米利上げ加速」の見方

2018/7/13 20:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 外国為替市場でドル独歩高の様相が強まっている。米国発の貿易摩擦は当初、「米景気の下押し要因になる」としてドル売りを誘っていたが、市場の動きは反対になってきた。背景にはどんな思惑があるのか。

 米中両国は6日、340億ドル分の輸入に対する追加関税を相互に発動。10日には米国がさらに2000億ドル相当に対する追加関税リストを公表した。その間、ドル高・円安がじりじりと進み、13日には一時1ドル=112円…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報