新潟県内の花火大会、利便性や地域PRで集客

2018/7/14 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新潟県内で今夏開かれる花火大会で、主催者や自治体が客の利便性向上や地域PRに力を入れている。長岡市ではインターネットを通じて駐車場を貸し借りする「駐車場シェアリング」を実験的に導入。柏崎市は地元出身者がデザインしたTシャツを初めて販売する。地元企業と連携した関連商品や外国人受け入れの強化も目立ち、交流人口の拡大を目指す。

8月2、3日開催の長岡まつり大花火大会(長岡花火)を運営する長岡花火財団は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]