2018年9月20日(木)

旭化成や住友化学、東大 AI使い新素材開発

環境エネ・素材
AI
2018/7/13 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 旭化成や住友化学など化学メーカー8社は、東京大学などと組み、公開されている特許や論文の情報を活用し、人工知能(AI)で新素材を開発する仕組みをつくる。新素材に求める物性を入力すると、最適な材料の組み合わせが示される仕組み。2019年度から運用し、埋もれていた開発候補の発見や、開発期間の短縮の効果が期待できる。

 欧米では競合同士がビッグデータの活用などによる製品やサービスの基礎開発段階で協調し、全…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報