2018年9月19日(水)

9/19 22:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日本株、米中摩擦で浮かび上がる優位性[有料会員限定]
  2. 2位: 株、買い戻し相場で進む選別 業績期待のソニーが高値[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 続伸し8カ月ぶり高値 海外勢の買い継続、中国関連にも見直し
  4. 4位: 年末株高への助走始まるか 米中間選挙前は買い場[有料会員限定]
  5. 5位: 米国株、積み上がるCTAの買いポジション(市場点描)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,672.52 +251.98
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,520 +240

[PR]

マネー底流潮流

フォローする

112円台で巨額のドル売り FX投資家の次の一手
編集委員 清水功哉

(1/2ページ)
2018/7/16 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 「まさに怒濤(どとう)のドル売りだ」――。ドルが1ドル=112円台前半に上昇し、約半年ぶりの高値を付けた先週11日の海外市場で、そんな声があがった。外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける日本の個人投資家(通称、ミセス・ワタナベ)が、巨額のドル売り・円買いに動いたのだ。

 為替市場で大きな存在感を持つミセス・ワタナベは、相場の流れと逆方向に動く逆張りが得意とされる。その定説通りの展開だった。「怒濤の売…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム