/

この記事は会員限定です

112円台で巨額のドル売り FX投資家の次の一手

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

「まさに怒濤(どとう)のドル売りだ」――。ドルが1ドル=112円台前半に上昇し、約半年ぶりの高値を付けた先週11日の海外市場で、そんな声があがった。外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける日本の個人投資家(通称、ミセス・ワタナベ)が、巨額のドル売り・円買いに動いたのだ。

為替市場で大きな存在感を持つミセス・ワタナベは、相場の流れと逆方向に動く逆張りが得意とされる。その定説通りの展開だった。「怒濤の売り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1611文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン