/

ホンダとパナソニック 二輪蓄電池をインドネシアで実証研究

ホンダパナソニックは13日、電動二輪車などを用いた着脱式電池の実証研究をインドネシアで12月に始めると発表した。バッテリー残量が少なくなった二輪車の電池を充電ステーションで新しい電池と取り換えて、再び走行できるようにする。電気自動車(EV)シフトに対応すべく、バッテリーシェアリングなど新たな市場の創出を目指す。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業として、共同出資する現地企業を通じ、ジャワ島西部のバンドン市などで実施する。充電ステーションを数十カ所設置して、充電済みのバッテリーを提供できるインフラを整える。

電池にはパナソニック製のリチウムイオン電池を採用する。電池の供給先を増やしたいパナソニックと、電動化への対応を急ぐホンダの思惑が一致したことが連携を後押しした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン