/

この記事は会員限定です

中国、劉霞氏のシンボル化警戒 劉暁波氏死去から1年

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】中国政府が民主活動家で事実上の獄中死を遂げた劉暁波氏の妻、劉霞さんの動向に神経をとがらせている。ドイツに渡った劉霞さんが民主化運動のシンボルになるのを警戒しており、活動を控えるよう圧力を加えているとの見方がくすぶる。劉暁波氏の死去から1年となる13日、香港の民主派団体は追悼集会を開き中国本土の民主化を訴えたが、劉霞さんはこれまでメディアへの露出を控えている。

香港の追悼集会は香...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り730文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン