2018年9月22日(土)

ソフトバンク、駐車場シェア 10月開始

ネット・IT
サービス・食品
シェアエコノミー
2018/7/13 13:48
保存
共有
印刷
その他

 ソフトバンクは13日、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を使った駐車場シェアサービスを10月下旬に始めると発表した。ポール状のIoT機器を企業などに販売し、余っているスペースを簡単に駐車場として有効活用できるようにする。利用者はスマートフォン(スマホ)のアプリで空き駐車場の検索、予約から料金の支払いまで一括でできる。

IoT機器で空きスペースの有効活用を提案する(13日、東京都中央区でのデモの様子)

 ソフトバンクが販売するIoT機器はカメラやセンサーを搭載。駐車場の空き状況を把握するほか、カメラで車両のナンバーを読み取り、予約した車と実際に駐車場に入ってきた車両のナンバーを照合する。まず企業向けに販売し、将来は個人にも広げる。

 利用料金は駐車場のオーナーが自由に設定できる。利用者はスマホから駐車場を検索し、立地や料金を比べられる。予約の際に自分の車のナンバーを登録する。ソフトバンクの携帯電話網を通じてIoT機器に予約時間やナンバーの情報が送られる。

 料金の支払いは1分単位でできる。ソフトバンクは利用料金のうち、一部を手数料として受け取る。10月のサービス開始に先立ち、8月にテスト版を提供する。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報