/

この記事は会員限定です

ネット興亡記【6】iモード部隊、マッキンゼーと対立

[有料会員限定]

1997年1月6日。NTTドコモの栃木支店に42枚のファクスが届いた。差出人は東京本社の法人営業部とある。

受け取った支店長の榎啓一が目を落とすと、表紙には「マス向けゲートウエイ戦略の実現に向けて」と書かれていた。前年12月20日にマッキンゼー・アンド・カンパニーの幹部がドコモ社長の大星公二らにプレゼンした際の資料だった。

ポケベルに熱中する娘

その資料のコピーが今、記者の手元にある。資料はドコモ社内ではiモードの原点と語り継がれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3783文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン