/

一部損壊に独自支援 補修や引っ越し費用補助、茨木市

大阪府茨木市は13日までに、6月に府北部で震度6弱を観測した地震による被害対策として独自の制度を創設すると発表した。住宅被害が一部損壊にとどまったケースでも、屋根や外壁の補修費用を最大20万円、賃貸住宅の引っ越し費用を最大5万円、それぞれ補助する。

市財政課によると、制度の財源や、公道に面したブロック塀撤去のための補助金などを含め、2018年度補正予算として約12億円を計上、福岡洋一市長が議会の議決を経ない専決処分とした。

今回の地震で被害を受けた住宅のほとんどは一部損壊と判定されている。国の支援対象にならないため、大阪府も住宅再建費用を融資する独自の支援制度を設けている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン