2018年7月19日(木)

三菱電機・阪大、情報家電の不正操作を検知

ネット・IT
科学&新技術
2018/7/13 11:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 三菱電機と大阪大学の大下裕一助教らは、インターネットに接続できる家電を狙ったサイバー攻撃を素早く検知する技術を開発した。家電の使い方などユーザーの癖を把握しておき、通常とは異なる時間や順番で操作された場合などを異常と判定する。実験ではヒーターの操作で99%の精度で異常を検知した。他の機器でも実験を重ね、早期の実用化を目指す。

 あらゆるモノがネットにつながるIoTの普及で、サイバー攻撃も増えている…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報