2018年9月18日(火)

ネットフリックス、エミー賞のノミネート数で首位に

ネット・IT
北米
2018/7/13 7:26
保存
共有
印刷
その他

 【ニューヨーク=清水石珠実】米テレビ界最高の栄誉であるエミー賞の候補作が12日に発表され、ノミネート作品数で米動画配信最大手ネットフリックスが米有料テレビ局「HBO」を上回った。ノミネート数首位の座が交代するのは18年ぶり。ネットを使った配信方法でテレビ業界を揺さぶったネットフリックスだが、作品の質でも存在感を増している。

 ネットフリックスは年間約80億ドル(約9000億円)を投じて独自コンテンツの拡充に力を入れる。こうした積極戦略が奏功して、今年のノミネート数は112と、前年の91から大幅に伸ばした。現在の英国王室を舞台にした「ザ・クラウン」やSFホラー「ストレンジャー・シングス」などのドラマが候補作品に選ばれた。

 一方で、メディア大手タイムワーナー傘下のHBOのノミネート数は前年の111から108に減った。人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」などの質の高い動画制作で知られ、昨年まで17年連続でノミネート数首位の座を維持していた。6月中旬にタイムワーナーの買収手続きを完了した米通信大手AT&Tは、HBOを柱に据えてネットフリックスに対抗する動画ネット配信サービスを育てたい意向を持っているとされる。

 エミー賞の最終的な受賞作品は9月17日に発表される。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報