2018年7月19日(木)

トランプ氏、金正恩氏からの書簡公表 非核化に言及せず

北朝鮮
トランプ政権
朝鮮半島
北米
2018/7/13 4:22
保存
共有
印刷
その他

 【ロンドン=中村亮】トランプ米大統領は12日、6日付で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長から受け取った書簡をツイッターに公開した。金正恩氏は書簡で「米朝間の新しい未来を切り開く強い意志と切実な努力、私と大統領閣下の例外的な手法は明らかに結実するだろう」と指摘、米国との対話姿勢を強調した。「非核化」など核開発に関わる文言はない。

金委員長はトランプ氏に宛てた書簡で米国との対話姿勢を強調した=AP

 トランプ氏はツイッターで「金委員長からのとてもすばらしい文書だ」と評価。「大きく進展している!」と書き込んだ。

 ただ北朝鮮外務省は7日、訪朝したポンペオ国務長官と金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長の非核化協議後に「米国側の態度は遺憾だ」と非難する声明を発表した。金正恩氏が書簡で示した対話に前向きな姿勢が現在は変わっている可能性もある。

 金正恩氏は6月12日の史上初の米朝首脳会談を「意義深い旅路の始まり」と位置づけて、トランプ氏の米朝関係の改善に向けた行動に謝意を示した。「大統領閣下に対する不変の信頼が将来の具体的な行動に向けた過程で強まることを期待する」と訴えた。

 トランプ氏は7月12日の記者会見で「金正恩氏とはすばらしい関係を築いたと本当に思っている」と強調した。弾道ミサイルの発射や核実験が停止したと成果を訴えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報