2018年7月18日(水)

MV東海が地元色前面、県産原料の日本酒など

小売り・外食
南関東・静岡
2018/7/12 22:30
保存
共有
印刷
その他

 マックスバリュ(MV)東海が地域密着の営業戦略を強化している。夏に向けて、静岡県産の原料を使った冷用酒2種を開発し、販売した。地元サッカーチームを応援する電子マネーカードも発行。地元とのつながりを消費者に訴える。

「大好き藤枝MYFC WAON」

 新商品は浜松産の三ケ日ミカン果汁入りの「みかんのヨーグルト酒」(500ミリリットル、税込み1490円)と、県産酒米を使った「富士錦 しぼりたて原酒 生酒」(720ミリリットル1274円)。静岡県富士宮市の酒造2社と開発した。口当たりがよく日本酒を飲み慣れない人も楽しめるという。

 27日から、サッカーJリーグ3部(J3)で藤枝市を拠点とする藤枝MYFCを応援する独自デザインの電子マネー「大好き藤枝MYFC WAON(ワオン)」を発行する。発行手数料は300円。藤枝市を中心にMV東海店舗などで扱う。利用金額の一部は同チームの地域振興活動に役立てられる。県内Jリーグ所属4チームのワオンが出そろう。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報