2018年9月18日(火)

鉱工業生産4カ月ぶり低下 中部5県5月

中部
北陸
2018/7/12 21:17
保存
共有
印刷
その他

 中部経済産業局が12日発表した管内5県(愛知、岐阜、三重、石川、富山)の5月の鉱工業生産指数(2010年=100、速報値、季節調整済み)は前月に比べ0.5%低下の124.4だった。マイナスは4カ月ぶり。高水準の生産が続いている輸送機械の悪化が主因。経済動向の総括判断は13カ月連続で「改善している」と据え置いた。

 輸送機械は乗用車や自動車部品の海外向けが好調だが、国内向けは横ばいとなっており前月比では約10%悪化した。景況判断はこれまでの「緩やかに増加している」から「高水準となっている」とし、14カ月ぶりに下方修正した。電子部品・デバイスの集積回路はスマートフォン向けを中心に伸びているほか、汎用・生産用・業務用機械も緩やかに増加している。

 個人消費を示す管内商業動態統計(速報値、販売額)は前年同月比で微増となり、7カ月連続で前年を上回った。百貨店は衣料品が振るわなかったが、スーパーやドラッグストアが好調だった。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報