2018年9月20日(木)

不当懲戒請求「人種差別」 在日コリアン弁護士が提訴

2018/7/12 20:43
保存
共有
印刷
その他

 在日コリアンであるとの理由だけで懲戒請求したのは人種差別だとして、東京弁護士会に所属する弁護士2人が12日、請求者に損害賠償を求める訴訟を東京簡裁に起こした。

 東京弁護士会は2016年4月、朝鮮学校への補助金に関する文部科学省の通知を批判する会長声明を公表。訴えによると、これを非難するなどの趣旨で17年11~12月、原告2人を含む東京弁護士会所属の18人が約950人から懲戒請求を申し立てられた。

 東京弁護士会は18年4月、全員を懲戒処分にしないと決定。18人のうち10人は声明を出した会長や副会長らだったが、他の8人は役職についていない在日コリアンの弁護士だった。8人に仕事上のつながりはなく、名前から在日コリアンと推測され、懲戒対象となったと主張している。原告の2人は12日、静岡簡裁にも同様の訴訟を起こした。〔共同〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報