2018年11月20日(火)

JR北、新千歳結ぶ快速でWi―Fi 11月から順次

2018/7/12 22:30
保存
共有
印刷
その他

JR北海道は新千歳空港と札幌圏を結ぶ快速エアポートで、無料の公衆無線LANである「Wi―Fi」の利用環境を整備する。11月ごろから順次サービスを始め、2020年夏ごろまでに全車両で対応する計画だ。訪日客やビジネス客などの利便性を高める。

「JR―Hokkaido Free Wi―Fi」への接続は、メールアドレスの入力か、フェイスブックなどSNS(交流サイト)のアカウントによる認証が必要。最大2時間接続でき、1日何回でも利用できる。Wi―Fi対応の車両が小樽方面など他区間を運行する場合も使える。

導入費1億1千万円のうち、3分の1は国の補助金で賄う。JR北の島田修社長は「インバウンドの利用客を迎える路線として必要な設備」と述べた。JR北は北海道新幹線でも12月ごろから順次Wi―Fiサービスを始める予定だ。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報