/

この記事は会員限定です

インテル、創業50年目の試練 トップ辞任で改革頓挫

[有料会員限定]

米インテルが7月18日に設立50年を迎える。「シリコンバレー」の由来のひとつとなり、今なお成長を続ける半導体産業の雄は近年、守勢が目立ち始めた。6月にはブライアン・クルザニッチ氏が従業員との過去の交際を理由に、最高経営責任者(CEO)を辞任する混乱も起きた。IT(情報技術)産業が大変革を迎えるなかで、インテルは「半導体の王」の地位を奪還できるのか。

9日午前のインテル本社(米カリフォルニア州サンタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2248文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン