/

グノシーがブロックチェーンに参入 エニーペイと共同で新会社

ニュース配信のGunosy(グノシー)は12日、ブロックチェーンの新会社「LayerX(レイヤーX)」を設立すると発表した。グノシーの福島良典最高経営責任者(CEO)は取締役に退き、新会社の社長に就任する。次世代のブロックチェーン技術に先行投資し、ニュース配信アプリの枠にとらわれない新サービスの創出を目指す。

新会社は決済アプリなどを手掛けるAnyPay(エニーペイ、東京・港)と共同で8月1日に設立する。資本金は5千万円で、グノシーとエニーペイがそれぞれ50%ずつ出資する。

新会社では仮想通貨技術を使った資金調達(ICO)のコンサルティングや、ブロックチェーンの関連サービスの開発を目指す。グノシーでは「ブロックチェーンはインターネット以来の革命」(福島氏)と位置づけ、17年に専門チームを立ち上げ、技術を蓄積してきた。ブロックチェーン関連の技術者が不足していることから、特にコンサル事業への需要が高まるとみている。

グノシーのCEOには竹谷祐哉最高執行責任者(COO)が就任する。8月24日の株主総会で正式決定する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン