2018年7月19日(木)

福島県、8月に東京五輪聖火リレー実行委を設立

北海道・東北
2018/7/12 22:00
保存
共有
印刷
その他

 福島県の内堀雅雄知事は12日、2020年東京五輪の聖火リレーのスタート地が同県に決まったことを受け、聖火リレーに関する県の実行委員会を8月に立ち上げる方針を明らかにした。

 内堀知事は「福島県でのリレーを復興五輪のスタート地としてふさわしい内容にしたい」と話した。

 県内の具体的なスタート地点やルートについては、実行委員会で議論していく方針。内堀知事は「福島は広い県なだけに、多くの県民がかかわれるようなものにしたい」と話した。

 県によると、東京電力福島第1原子力発電所事故の被災12市町村から「ルートに選んでほしい」との要望が寄せられており、県の担当者は「年内にルートを決定し、その後、ランナーの選定を進めたい」としている。

 県がまとめた案は大会組織委員会を通じて、国際オリンピック委員会(IOC)の承認を得る必要がある。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報