2018年11月17日(土)

担い手不足で変わる医療  本社コメンテーター 上杉素直

上杉 素直
Deep Insight
2018/7/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医師が患者とじかに向かい合い五感で症状を診てこその診察だ、という発想からの転換が日本の医療の世界で少しずつ始まった。政府はパソコンやスマートフォン、タブレット端末のテレビ電話を使う「オンライン診療」を2018年4月、医療サービスの公定価格である診療報酬に初めて盛り込んだ。初診には原則として認めないなどの条件が付くとはいえ、近年の規制改革の一大テーマだったオンライン診療が医療行政のお墨付きを得た意…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

上杉 素直

本社コメンテーター

金融・経済政策

金融ビジネスや金融政策、税制・財政をはじめとする経済政策、社会保障の現場を取材してきた。2010年からのロンドン駐在では欧州債務危機に揺れる政治や行政、人々の暮らしをのぞいた。編集委員を経て18年から現職。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

オンライン診療の普及後押し 規制改革会議答申[有料会員限定]

2018/6/4 22:30

薬飲み方、スマホで対話 3特区で年度内解禁[有料会員限定]

2018/5/31付

社会保障費、40年度6割増の190兆円[有料会員限定]

2018/5/22付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報