2018年11月13日(火)

11/13 1:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,288,815億円
  • 東証2部 86,748億円
  • ジャスダック 96,840億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率13.96倍14.05倍
株式益回り7.15%7.11%
配当利回り1.75% 1.82%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,269.88 +19.63
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,250 -20

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

11月12日(月)14:18

大林組の4〜9月期純利益↑1% 米建築事業好調で[映像あり]

テレビ用液晶 中国勢の増産で4ヵ月ぶり値下がり

11月12日(月)13:04

[PR]

スクランブル

フォローする

日本株に一筋の光明か カギ握る値上げの夏
証券部 浜岳彦

2018/7/12 18:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米トランプ大統領の追加制裁という不意打ちで全面安だった前日から一転、12日の日経平均株価は円安・ドル高で自動車などの主力株を中心に反発した。ただ連日の米中摩擦問題に振り回される状況に投資家心理は冷え込んだまま。方向感が定まりにくいなか物色傾向が強まりそうなのが「良い値上げ」銘柄だ。

「貿易摩擦に気をもむ相場を表す最たる例。機関投資家も個人も買いを入れている」。カブドットコム証券の山田勉氏がこう話…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム