2018年11月20日(火)

CM規制の議論開始 衆院憲法審 与野党に温度差

2018/7/12 19:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

衆院憲法審査会は12日の幹事懇談会で、憲法改正の国民投票をめぐり、テレビCMなど広告規制のあり方に関する議論に着手した。与党は法規制ではなく民間の自主規制にとどめたい考えだが、国民民主党など野党はCM規制の強化を求める。日本民間放送連盟は自主規制をするかを含め検討し、秋の臨時国会の前に考え方を示す。

現行の国民投票法では、投票日の14日前までは広告・宣伝活動に原則どれだけお金をかけても自由で、報…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報