立ちションと草食男子 作家 江波戸哲夫

2018/7/19 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「わが家は夫も息子もトイレでの立ちションはご法度です」

先日のバラエティ番組で、某ママ・タレントが胸を張ってこう言うのを見た。

近年、若い母親のこの種の発言をよく耳にする。ションのしぶきが立って便器や壁が汚れ、臭うからだそうだ。

その度に私は「なんだかなあ」と思う。

ションの作法は、犬のオス・メスで違っているように、動物によって大いにセクシャリティ=性の在り様に関わっている。

LGBTなんて言葉…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]