2018年9月20日(木)

大阪駅北に新たな街 うめきた2期、三菱地所など開発

住建・不動産
関西
2018/7/12 11:48
保存
共有
印刷
その他

 2024年の街開きを目指す大阪駅北側の再開発エリア「うめきた2期地区」(17ヘクタール)の開発者が三菱地所など9社グループに決まったことが12日、関係者の話で分かった。都市再生機構が実施した事業コンペで、大和ハウス工業が中心のグループに競り勝った。

JR大阪駅北側のうめきた2期地区(大阪市北区)

 同コンペは提案内容と開発用地の購入費を競った。スタートアップ企業の育成や既存企業の活性化に向け、将来の成長産業を育成するイノベーション(技術革新)を重視した。

 うめきた2期の開発用地は、幹線道路を挟んで南北に分かれ、南北それぞれに公園(合計4.5ヘクタール)を整備する。ビルの植栽などを含めて都心の再開発としての異例の8ヘクタールの緑の空間が誕生する。ホテルやマンション、オフィスなどからなる複合開発を計画する。

 開発事業者は三菱地所、オリックス不動産(東京・港)、阪急電鉄、積水ハウス、竹中工務店、関電不動産開発(大阪市)のうめきた1期開発事業者に加え、大阪ガス、三菱地所レジデンス(東京・千代田)、参加企業の一部が出資した特定目的会社の9社。関電のグループ企業に加えて大ガスが参加することで地元・大阪色を強めた。

 1期開発事業者は12社だったが、三井住友信託銀行はすでに1期事業から撤退。NTT都市開発、新日鉄興和不動産(東京・港)、東京建物、日本土地建物は参加せず、大林組はリニア工事の不正入札のため参加できない。

 一方、大和ハウスグループには住友商事が参加したもよう。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報