2018年11月15日(木)

日本サッカー世界への挑戦

フォローする

モドリッチ、クロアチア初優勝へ全ての鍵
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/2ページ)
2018/7/13 6:30
保存
共有
印刷
その他

クロアチアは選手のコンディションが気がかりだ=三村幸作撮影

クロアチアは選手のコンディションが気がかりだ=三村幸作撮影

過酷な大会である。

1カ月間で7試合。Jリーグでは、このようなときには「連戦」という。サッカーという競技は1週間に1試合が理想だが、ワールドカップ決勝進出の2チームはこれまでほぼ「中4日」で6試合をこなしてきた。それも毎試合、数百キロの移動を含みながらである。

7月15日午後6時(日本時間16日午前0時)キックオフの決勝、フランス―クロアチア戦は第1に「コンディションの争い」となる。それぞれに決勝を勝ちきる力は持っている。それを発揮できるフィジカルのコンディションにあるかがまず問われる。

コンディションはフランス有利

有利なのはフランスだ。ベルギーとの準決勝(10日)は非常に難しい試合だったが、1―0で勝ち、コンディションのよさを証明した。準々決勝でブラジルと死闘を演じたベルギーに対し、フランスは余裕を持ってウルグアイを下していたことが両チームの差となって試合結果につながった。

フランスは準決勝会場のサンクトペテルブルクから決勝会場のモスクワへの移動はあるが、ベルギー戦から「中4日」で決勝を迎えることができる。

フランスは「中4日」で決勝を迎えることができる

フランスは「中4日」で決勝を迎えることができる

それに対し11日に準決勝を戦ったクロアチアはモスクワに居残るとはいえ、「中3日」と1日少ないのは小さからぬハンディだ。これまでの6試合で蓄積された疲労がピークに達するころでもある。

しかもクロアチアは、決勝トーナメントに入ってから準決勝までの3試合ですべて延長戦までの戦いを強いられた。30分間の延長戦が3試合だと90分、ちょうどフランスより1試合多く、クロアチアはすでに7試合分戦ったということができる。決勝戦までの間隔だけでなく、蓄積した疲労のなかで戦えるコンディションにもっていくのはさらに大変だ。

実際、準決勝のイングランド戦では明らかにコンディションの差があり、ようやくクロアチアの選手たちの体が「目覚めた」状態になったのは、後半の半ばを過ぎてからだった。

クロアチア、驚異的な精神力

コンディションではフランスがかなり有利と見てよい。ただ、準決勝イングランド戦の後半に見せたように、クロアチアの選手たちは試合のなかで調子を上げていくすべを知っている。疲れ切っているはずなのに、彼らは戦いのテンションを試合のなかでどんどん上げられる驚異的な精神力を備えている。そしてまた、互いにカバーし合うスピリットがある。

  • 1
  • 2
  • 次へ

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

注目のチーム・選手

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
セルジーニョ(手前)の活躍が鹿島の決勝進出の大きなカギになった=共同共同

 2017年の浦和に続き、Jリーグのクラブが「アジア王者」の座に挑む。11月3日と10日に行われるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝に、鹿島が進出したのだ。
 鹿島は準決勝で韓国の水原と対戦、ホ …続き (11/2)

共同

 「チームコンセプトのもと、選手たちは個の力を発揮してくれた」
 10月16日、埼玉スタジアムで強豪ウルグアイを相手に4-3で勝利をつかんだ後、日本代表の森保一監督は試合の重要なポイントとしてこんな話を …続き (10/18)

川崎の攻撃力は間違いなくJリーグでナンバーワン=共同共同

 台風の影響で3試合が未消化なものの、9月末時点で全34節のうち28節を終えたJリーグ。J1優勝争いは川崎と広島の2チームに絞られた。ともに17勝5分け6敗の勝ち点56。得失点差でわずかに上回る川崎が …続き (10/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]