/

この記事は会員限定です

ウォルマート流、日本に根付かず 西友を売却へ

[有料会員限定]

小売業世界最大手の米ウォルマートが、日本のスーパー大手、西友の売却に動き出した。2002年の資本参加以降、日本市場を開拓する「虎の子」と位置づけて「ウォルマート流」のノウハウを注入してきたが、消費の変化に対応できずついに見切る格好だ。小売業界の競争環境が移り変わる中、小売りの巨人が日本撤退を決断した背景には何があったのか。

全国に335店(5月時点)を展開する西友は、低価格を訴求するテレビCMでも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン