2018年9月24日(月)

受動喫煙法案が可決 参院厚労委

政治
2018/7/12 10:00 (2018/7/12 12:01更新)
保存
共有
印刷
その他

 受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案は12日午前、参院厚生労働委員会で与党などの賛成多数で可決した。13日にも参院本会議で成立する見通しだ。多くの人が利用する施設内を全面禁煙にする。東京五輪・パラリンピック大会前の2020年4月に全面施行する。

 飲食店は原則、屋内禁煙とする。客席面積が100平方メートル以下の条件を満たす店舗は「喫煙可能」などと標識で示せば規制の対象外とする。学校や病院、行政機関の敷地内は禁煙とするが、屋外に喫煙場所を設けることはできる。

 参院厚労委では同法案の可決後、市町村などが手掛ける水道事業を広域化する水道法改正案の審議に入る。与党は22日の延長国会会期末までの成立を目指している。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報