2018年9月23日(日)

トヨタ傘下のVC、ロボット分野で投資先を募集

スタートアップ
自動車・機械
中部
2018/7/12 9:25
保存
共有
印刷
その他

 トヨタ自動車は米国の人工知能(AI)研究子会社が設立したベンチャーキャピタル(VC)を通じ、ベンチャー企業支援のプログラムを始めると11日に発表した。テーマを決めて協業先を募集し、有望な企業に最大200万ドル(約2億円)を投資するほか、実証実験などを検討していく。

 新プログラムは「コール・フォー・イノベーション」という名称。第1弾として家庭内などで人々を助ける支援ロボットの技術をテーマに募集する。10月末まで募集を受け付ける。将来は認識技術、機械学習なども募集テーマにしていく。

 トヨタの米国のAI研究子会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)」が昨年に立ち上げたVCを通じて実施する。同VCは1億ドル(約110億円)のファンドとして設立。AIやロボット、自動運転などの分野で、これまで11社に投資している。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報