2018年7月16日(月)

7/16 9:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 112円台で巨額のドル売り FX投資家の次の一手[有料会員限定]
  2. 2位: 国際会計基準の採用企業増加 時価総額で3分の1 海外M&Aの増加反映[有料会員限定]
  3. 3位: ROICが変える経営[有料会員限定]
  4. 4位: 株、景気への期待再び 長期拡大も「今回は違う」[有料会員限定]
  5. 5位: GAテクノの樋口社長「不動産売買、AIで効率化」[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,597.35 +409.39
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,600 +390

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

7月13日(金)14:19

ウォルマート 西友売却「決定していない」[映像あり]

トランプ氏が英との貿易協定に難色 穏健離脱を批判

7月13日(金)13:00

[PR]

M&Aニュース

フォローする

大塚HD、米バイオベンチャーを買収 腎臓病薬を強化

ヘルスケア
2018/7/11 21:13
保存
共有
印刷
その他

 大塚ホールディングス(HD)は11日、米バイオベンチャーのビステラ(マサチューセッツ州)を買収すると発表した。買収額は約480億円。腎領域の開発品目を強化するほか、抗体医薬品を効率よく生み出す技術を生かして創薬の基盤を底上げする。

 11日付で契約を結び、ビステラを9月までに100%子会社化する。同社の社員数は約50人で、たんぱく質や抗体を組み合わせるのに最適な立体構造をコンピューターを使って見つけ出す技術を持つ。これにより、従来難しかった部位などに向けた抗体医薬品を開発できる可能性がある。

 同社の技術で生まれた腎臓の難病の治療薬の開発品は、年内の臨床試験(治験)入りを目指している。他にすでに感染症で治験入りしている製品があるほか、がんや神経疾患などの分野での研究も進めている。

 大塚HDの17年の腎領域の治療薬の売上高は前年比3割増の642億円と伸びており、今後の注力分野と位置付けている。4月にはタカラバイオと組み次世代がん遺伝子治療薬「CAR―T(カーティー)」に参入するなど成長領域を模索している。

M&AニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

新着記事一覧

読まれたコラム