2018年9月19日(水)

埼玉県開発の水中シリコーン測定法、国際規格に

環境エネ・素材
南関東・静岡
2018/7/11 22:00
保存
共有
印刷
その他

 埼玉県は河川などの水環境中のシリコーンを高感度で測定する方法を開発し、国際規格として認定を受けた。シリコーンは魚類などへの悪影響が懸念されるが、国際的な測定方法が無いという。県は世界各国での活用が期待できるとみている。

 県環境科学国際センターが開発した。河川水などの試料にガスを通し、シリコーンの一種である環状シロキサンを水中から追い出し、吸着材で集める。シリコーンを含まない器具を使うことを示したほか、試料に熱と超音波を与えることで、効率的に抽出できる手法を確立した。

 環状シロキサンはシャンプーや化粧品などに広く使われ、自然環境への悪影響が懸念されている。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報