西日本豪雨で養豚場の浸水相次ぐ 養殖魚にも被害

2018/7/11 20:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西日本を襲った記録的豪雨が農産物のほか、水産や畜産にも広範な被害を及ぼしている。畜産では複数の養豚場が浸水したほか、各地の食肉市場で搬入キャンセルが相次ぐ。四国では養殖魚のタイやカンパチが死ぬ被害が出た。被害の全容は不明だが、豚肉卸値が上昇する例もあり、物流混乱や生産減が食品価格を押し上げる懸念も強い。

農林水産省が11日朝までにまとめた農林水産関係の被害額は73億6千万円と前日比1億6千万円増…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]