秋田エプソン、プリンターヘッド生産能力3割増

2018/7/11 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セイコーエプソンの生産子会社、秋田エプソン(秋田県湯沢市)はインクジェットプリンターのヘッドの生産設備を増強する。大容量のインクタンクを備えたプリンターの需要が世界的に拡大しているのに対応する。また、腕時計のムーブメント(駆動装置)の生産ラインを他拠点から移し、生産効率を上げる。

秋田エプソンの本社工場では2016年に、約34億円を投じ延べ床面積約1万平方メートルの新棟が完成している。プリンター…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]