/

この記事は会員限定です

西日本豪雨、各地で史上最大の雨量 積乱雲が次々発生

偏西風蛇行で梅雨前線停滞

[有料会員限定]

西日本の広い範囲で観測史上最大の雨量を記録し、土砂崩れや河川の氾濫などの災害が各地で発生した。梅雨の終わりには、湿った空気が流れ込んで梅雨前線が活発化し、大雨になりやすい。今回の西日本豪雨は前線がほぼ同じ位置に停滞し、さらに南から非常に湿った空気が大量に流れ込んだ結果、西日本で大雨が続いた。被害が大きかった広島県などでは積乱雲が次々と生じていた。

前線は暖かい空気の塊と冷たい(涼しい)空気がぶつか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1456文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン