2018年7月16日(月)

7/16 17:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 112円台で巨額のドル売り FX投資家の次の一手[有料会員限定]
  2. 2位: 株、景気への期待再び 長期拡大も「今回は違う」[有料会員限定]
  3. 3位: ROICが変える経営[有料会員限定]
  4. 4位: 国際会計基準の採用企業増加 時価総額で3分の1 海外M&Aの増加反映[有料会員限定]
  5. 5位: GAテクノの樋口社長「不動産売買、AIで効率化」[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,597.35 +409.39
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,600 +390

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

7月13日(金)14:19

ウォルマート 西友売却「決定していない」[映像あり]

トランプ氏が英との貿易協定に難色 穏健離脱を批判

7月13日(金)13:00

[PR]

記者の目

フォローする

ブリヂストン、株価反転の鍵握る米市場での「呉越同舟」
証券部 四方雅之

2018/7/12 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 タイヤメーカー世界首位のブリヂストンの株価が右肩下がりだ。今年の高値である5515円を1月18日に付けてからじり安が続く。原油高を受け、原油由来の合成ゴムやカーボンブラックなどの原材料価格が上昇。業績の悪化懸念が重荷になっている。そんな中で、株価反転のきっかけになるかもしれないのがライバル企業、米グッドイヤーとの連携だ。

 ブリヂストンの現在の株価は年初の高値から約3割安い水準で推移している。原料…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記者の目 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム