2018年9月19日(水)

9/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: IFRSが招く錯覚 動く株価、透ける短期志向[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速
  3. 3位: 株、買い戻し呼んだ対中制裁第3弾 危うさ潜む独歩高[有料会員限定]
  4. 4位: 貿易戦争懸念再び ドルと円の拮抗続くか[有料会員限定]
  5. 5位: 地銀経営は360度で点検 金融庁長官、スルガ銀問題受け[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,420.54 +325.87
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

ポジション

フォローする

「金利」も「量」も前倒し? FRBの出口終了時期

2018/7/11 22:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 米連邦準備理事会(FRB)が金融緩和の出口政策をやめる時期が「金利」と「量」の両面で従来予想より早まる――。市場でそんな可能性が意識され始めた。利上げは早ければ2019年に打ち止めになるとの観測が出ている。保有資産縮小をやめる時期も早まるとの声が聞かれるようになった。いずれも長期金利上昇が鈍る要因。円安圧力も弱まりそうだ。

 FRBの大規模緩和策は08年の金融危機への対応として始まった。金利面で政…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム