「iPS細胞で心筋再生」は安全か 第一人者に聞く
再生医療 産業化への針路(上)

2018/7/17 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

再生医療の普及に向けて、研究者や企業、規制当局がそれぞれ抱える課題は何か。日本再生医療学会理事長を務める大阪大学の澤芳樹教授は、iPS細胞から作った心筋細胞シートを移植する心臓の再生医療の臨床研究を計画する。その安全性や実用化に向けた承認制度、学会の取り組みなどの課題について聞いた。

――iPS細胞は不明な点が多くて不安を呼ぶのが実用化の課題といわれています。

「(研究者としては)常にリスクを回…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]