2018年11月21日(水)

AI関連のハカルス、1億7000万円調達

スタートアップ
2018/7/11 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都の人工知能(AI)関連スタートアップのハカルス(京都市、藤原健真社長)は後発医薬品の中堅メーカーの大原薬品工業など計5社を引受先とする第三者割当増資で1億7000万円を調達する。これまでの資金調達の中で最大の規模で、医療や介護分野で活用できるAIを活用したソリューションの開発を行う。

少ないデータから法則性を発見するアルゴリズム「スパースモデリング」という情報抽出技術を用いた独自のAIを手掛…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報