/

VWグループと江淮汽車、中国で研究開発センター設立

日経クロステック

独フォルクスワーゲン(VW)グループは2018年7月9日、中国の安徽江淮汽車集団(JAC)と覚書に署名したと発表した。17年に設立した両社の合弁会社であるJAC Volkswagenが、電気自動車、コネクティッド機能、自動運転に焦点を当てた研究開発センターを設立する予定。

VWグループのスペイン・セアト(Seat)がJAC Volkswagenの増資もしくはVW Chinaからの譲渡によりJAC Volkswagenの株式を取得し、研究開発センターを主導する立場となる。研究開発センターでは、中国に合わせた充電可能な電動車(BEV)プラットフォームと、関連する部品やコア技術を開発する。セアトは、20~21年ごろに中国市場に参入する予定。

(ライター 櫛谷さえ子)

[日経 xTECH 2018年7月10日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン