/

この記事は会員限定です

Mrヤフー、栄光と落日

[有料会員限定]

1995年12月、東京大学の3年生だった孫泰蔵は兄・孫正義の自宅に招かれた。15歳も年齢が離れた兄弟の夕食は泰蔵の就職の話になった。泰蔵は「特にやりたいことがない」と話す。

「ジェリー・ヤンに会いたい」

「相変わらずやのぅ。でも、言うとくけど、うちには入れたらんからな」。正義は弟をたしなめると、話題を少し変えた。

「これからインターネットが世界を変えていくぞ。おまえ、ヤフーって知ってるか。おまえとたいして年が違わないやつが革命...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ネット興亡記 第1部

インターネットが私たちの手に届くようになって四半世紀。産業革命以来の大変革が世界を覆った。日本にも多くの起業家が誕生した。ネットバブルの崩壊、ライブドア事件、「テックジャイアント」の攻勢――。数々の荒波にもまれ、ある者は去り、ある者は踏みとどまった。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン