JR九州、筑肥線の一部が運転再開

2018/7/11 11:32
保存
共有
印刷
その他

JR九州は11日午前、西日本での記録的豪雨の影響により運転を見合わせていた筑肥線の筑前前原(福岡県糸島市)―唐津(佐賀県唐津市)間で運転を再開した。ただ、同線の山本(同県唐津市)―伊万里(同県伊万里市)間での運転見合わせは継続。復旧のメドは立っていない。唐津―伊万里間では同日、バスによる代替輸送も開始した。

今回の豪雨を巡ってはほかに▽筑豊線の桂川(福岡県桂川町)―原田(同県筑紫野市)間▽肥薩線の八代(熊本県八代市)―吉松(鹿児島県湧水町)間でも運転見合わせが続いている。いずれも復旧の時期は未定という。

一方、昨年7月の九州北部豪雨で大分県日田市で不通となっていた久大線は14日に予定通り復旧させる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]