/

「プーさんの森」に最高額 英で競売、6300万円

【ロンドン=共同】人気キャラクター「くまのプーさん」がすむ「100エーカーの森」の地図を描いた1926年の挿絵が10日、ロンドンで競売に掛けられ、43万ポンド(約6300万円)で落札された。競売大手サザビーズによると、本の挿絵の落札額としては史上最高という。

「くまのプーさん」がすむ「100エーカーの森」の地図の原画=サザビーズ提供・共同

「くまのプーさん」は英作家、A・A・ミルン(1882~1956年)の原作。挿絵は英画家E・H・シェパード(1879~1976年)が描いた。

地図の挿絵には、プーさんや登場人物のクリストファー・ロビン少年、森の仲間たちの家などが描かれており、サザビーズは「恐らく児童文学で最も有名な地図だ」と指摘。10万~15万ポンドでの落札を予測していた。

このほか4点の原画も競売に掛けられ、計5点の落札総額は91万7500ポンドに上った。サザビーズは31万~44万ポンドと予測しており、2~3倍の値が付いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン