最新ニュース

フォローする

理想の距離感体現 イングランドのサウスゲート監督

2018/7/10 20:50
保存
共有
印刷
その他

スウェーデン戦の勝利を喜ぶサウスゲート監督=ロイター

スウェーデン戦の勝利を喜ぶサウスゲート監督=ロイター

3日、8強をかけたコロンビア戦。苦手のPK戦を制した大勝負を、イングランドのDFデルフは妻の出産に立ち会うため欠場した。この一件をただされたサウスゲート監督はこう答えたそうだ。

「人生にはサッカーより大事なことがある。私の父の世代とは異なる意見だろうけれど」

平均年齢25.5歳というチームを「世界的でなくても若く有能な選手がいる」と誇る監督も47歳。今大会の監督32人で下から4番目。「話せる兄貴」という立ち位置だ。

指導歴は現役を終えたクラブ、ミドルズブラから始まった。U-21(21歳以下)代表監督を経て2016年フル代表監督に。望んだ昇進ではなかったようだ。イングランドは14年W杯で1次リーグ敗退、16年欧州選手権で16強止まり。引責辞任のホジソン氏に代わったアラダイス氏は舌禍事件で2カ月で解任。若く清潔な新リーダーを求めるイングランド協会が身近な適任者に注目したのは自然なことだった。

望んだ地位でなくても新監督が色を出しやすい状況だったろう。現代表の6割はU-21監督時代に選考のまな板にのせた選手たち。ルーニーは代表引退を表明、31歳のGKハートも選に漏れて24歳ピックフォードに代替わりした。

資金潤沢なイングランドのプレミアリーグでは、一流外国人選手に働き口を奪われ、若手が育ちづらいという意見がある。この監督はくみしない。「むしろ幸運。(高給の)一流監督が若手を鍛えてくれる。モウリーニョ、グアルディオラ、ポチェッティーノ」。ことさら名を挙げたところをみると、代表で用いる3バックとスピード重視の戦術は、この3人の将に倣ったものか。

今大会、シャツとネクタイの上はベスト1枚で通している。寒くても上着をはおらず、暑くてもベストは脱がず。堅すぎず、くだけすぎてもいない英国紳士の装いは、選手との理想の距離感を示している?(阿刀田寛)

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

W杯関連のコラム

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]