/

この記事は会員限定です

真備地区の被災者受け入れ 倉敷の下電ホテル

[有料会員限定]

下電ホテル(岡山県倉敷市)が運営する「鷲羽山下電ホテル」(同)は、豪雨に伴う同市真備地区の被災者の受け入れを始めた。9日に2部屋で7人を受け入れ、10日には4部屋20人が加わった。原則として7月末までだが、同社の永山久徳代表取締役は「30室くらい提供可能」という。

岡山県旅館ホテル生活衛生同業組合(岡山市)と県が2008年に締結した災害時協定に基づき、下電ホテルが先行受け入れを始めた。同組合は加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン