2018年11月15日(木)

東芝の政策保有株、10年で3分の1に
東芝メモリ売却で半導体関連が減少

2018/7/10 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経営再建中の東芝が政策保有株式を減らしている。2018年3月末で125銘柄と10年間で3分の1に減少し、貸借対照表の計上額も367億円と5分の1に縮小した。特に前期は半導体子会社の東芝メモリ売却の影響で半導体関連の株式が有価証券報告書の記載対象ではなくなり、1年前に比べ大きく減少した。

前期に政策保有株でなくなったのは、台湾の集積回路設計大手の群聯電子(ファイソン・エレクトロニクス)や米ウエスタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報